みんなの法律相談所窓口・元自衛官の法律家が法律で人を助けます

東京で一番プロの専門家・職人の無料相談・面談受け付け03-6265-6349

プロの労働問題専門家・継続・集中・徹底・形式より事実・技術・真心・東京一番無料相談・安心・未払い残業代返金

プロの労働問題専門家・継続・集中・徹底・形式より事実・技術・真心・東京一番無料相談・安心・未払い残業代返金 https://youtu.be/KK-XJMW2qec @YouTubeさんから

合同労組かけこみユニオンが伴走型支援をする姿勢ホットライン03-6272-5332

〒101-0051東京都千代田区神田神保町3-2-9塚本ビル6F 専修大学前 便利03-6265-6349  ライン===jizolaw https://kakekomi99.jimdo.com/ https://peraichi.com/landing_pages/view/a8owu

https://www4.hp-ez.com/hp/kakekomi99

かけこみユニオン(顧問弁護士・司法書士・税理士提携)

支援・地蔵通り法務事務所☎03-6265-6349

合同労組かけこみユニオンのコミットメント約束 自らを律する

加入組合員へ約束 困り事を聴く姿勢を持つ労働組合03-6265-6349

賃金未払い・パワハラ・セクハラ・マタハラ・職場いじめ・不当解雇・退職強要・サービス残業・有給休暇・産休・育休の取得・労働災害・仕事の悩み・働きやすい社会・長時間労働・過労死水準・過労死社会を変える相談支援

https://ameblo.jp/hajime3950/ スタッフさん職員のブログ

  1. 一番早い解決ソリューション・・最善の策・戦わずして勝つは善の善なる者なり
  2. 一番高度な交渉力・・体験と多くの修羅場・土壇場・正念場の経験から学ぶ
  3. 一番最先端の知識・・弁護士・社会保険労務士から学ぶ姿勢
  4. 一番の専門性・・・労働基準法・労働契約法・労働組合法・労働安全衛生法に特化
  5. 一番の研究セミナー参加・・他の労働組合の動向・労働基準監督署の動きを察知

 

未払い残業代・パワハラ・セクハライジメの損害賠償は1-2月内に解決目標

 

昔のYOUTUBE https://www.youtube.com/watch?v=LfJZkzBgUcc

 

 

駄目なケース

理由は会社が反発し徹底的に対決姿勢で裁判まで行くので解決まで2-3年掛かる

 

労働者のご本人の希望に沿った解決を最大限目指します。

希望が全て実現可能だということではありません。

 

希望を明らかにされて、全て情報を有利も不利も正確にお話しください。

証拠の確保(ICレコーダー・マホ録音・残業アプリ・写真・手書きメモなど)をよろしくお願いします。=会社の不正を暴くのですから、会社の防御を突破する確たる証拠をお願いできますか

 

団体交渉の第一歩は、会社にご本人が合同労組かけこみユニオン組合員になったことを通知します。

 

団体交渉を申し込み、話し合いでの解決をめざすことです。

あっせん・労働審判・労働裁判でなく話し合いを最優先とします。

 

会社は労働組合からの団体交渉の申し入れを拒否できません。
このことは、個人で話し合いを申し入れる場合や弁護士との違いです。

 

団体交渉が難航したり、条件が合わない場合

会社が団体交渉を理由もなく拒否したり、返事もしないで無視する不誠実な対応に終始する場合は、法律が保証している宣伝活動や会社・取引先への申し入れや要請といった団体行動、あるいは各都道府県にある労働委員会に申し立てするなど、様々な方法を相談しながら取ります。

 

 

取り組みの主体はあくまでご本人です。
ユニオンに加盟したからには、自動的に解決してくれるだろうという期待をしてはいけません。
自らも汗をかいていただきます。

 

合同労組かけこみユニオンは「代理人」ではありません。憲法の保証する労働組合ですので、交渉や争議を支援してくれる仲間の組合員が取り組む交渉や争議について、積極的に応援してください。

 

 

合同労組かけこみユニオン加入した事を知ると、応援し会社の同僚が声援してくれる場合もありますが、逆によそよそしく疎遠になる場合もあります。

 

職場の仲間を誘いましょう。一人よりは大勢で団結した方が強い交渉力を持ちます。

 

 

訴訟をする必要が生じた場合は、合同労組かけこみユニオンが一流と認める労働問題に強い弁護士を紹介します。

また過払い金・生活保護債務整理は認定司法書士が支援します。ヤミ金クーリングオフなど相談もご安心ください。

 

水際作戦[編集]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E6%B4%BB%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E5%95%8F%E9%A1%8C

 

生活保護行政における「水際作戦」とは、一部地方公共団体で採られた、福祉事務所において審査もせずに保護申請の受理を拒否することで、生活保護の受給を窓口という「水際」で阻止する方策をいい、日本軍の作戦用語から転用された語である。

保護請求権を行使する、具体的な方法である保護の申請は、国民の権利として保障されており(後述)、このような方策は違法行為であるが、生活保護扶助費用の1/4および現業員の給与は自治体予算から支出されるため、生活保護受給者の増加が財政の大きな負担となっている[1]

現業員ですら生活保護法を正しく理解しておらず、生活保護に対する誤解と偏見を持っており、保護利用者に対し強い蔑みと、不正利用に対する警戒心がある[2]。そうした現業員には、生活保護申請が権利であるとの認識はなく、哀れみや施しの意識が存在している[2]。福祉事務所においては、通常生活相談に来た人に対し、失業中の場合は雇用保険の失業等給付を受給できないか、65歳以上の場合は老齢年金を受給できないか、病気・怪我などで障害を負った場合は障害年金を受給できないかなどの、他法優先の制度の趣旨説明の他に就労の可不可、扶養義務者の扶養義務などについて説明を行う。福祉事務所は必ず申請を受けて審査しなければならず、生活保護申請自体を拒むことが違法であり、認可・却下の判断以外は許されない。

 

http://seihokanzen.xyz/2015/09/09/%E7%94%9F%E6%B4%BB%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E7%94%B3%E8%AB%8B%E3%81%AB%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%81%9F%E3%81%A3%E3%81%9F%EF%BC%92%E3%81%A4%E3%81%A8%E8%A8%80/

 

生活保護窓口で横行する水際作戦

生活保護の申請時に役所の相談員が水際作戦を行う自治体が非常に多くあります。

申請をできなかったという人の声で良く耳にするのが以下のような声です。

1 親族が近くにいるのなら親族に養ってもらいなさい。

2 君はまだ若いんだからまずはハローワークに行きなさい

3 病気も何もないんだから生活保護はダメだよ

4 車も家もあるんだから何とか生活できるでしょ。

・・・と言われて面接室を追い返された。

 

生活保護の捕捉率はおよそ20%前後だと予想されています。
捕捉率とは、生活保護を受けられる人を100としたときに、どれくらいの人が実際に生活保護を受けているかを表しています。
つまり、100人の困窮者がいれば、80人は生活保護を受けられる基準にあるのに、生活保護を受けずにそれ以下の生活をしているということになります。

生活保護申請には、本当にたった二つ。簡単に言えば
1 収入が生活保護の基準より少ないか、全くない
2 貯金等の活用できる資産がほとんどない

この2つの条件をクリアすれば、生活保護を必ず受けることができます。
なぜならばこの2つの条件を満す人はもれなく「生活困窮者」であるからです。

生活保護の担当者が申請を受け付け、保護を開始するまでに「保護の要否判定」という作業を行います。

保護の要否判定とは、「生活保護が受けられる(要)か受けられない(否)を判定する作業」です。この保護の要否判定の際に役所は以下のように計算を行います